3・6・9の法則

カバラ数秘術鑑定者になると、多くの数字の秘密を知ることになります。

もちろん FX の相場でも役立つことがあります。

今回は宇宙を支配する3・6・9についてお伝えします。


世の中の仕組みを数字に表す黄金比が存在します。


それが3・6・9。


その他の数字は物質次元を表すと言われています。


詳しくお伝えすると まず、3・6・9を抜いた数字を見ていきましょう。

1+1=2

2+2=4

4+4=8

8+8=16


ここで、カバラ数秘術の特徴を出していきます。


カバラ数秘術は特殊数のゾロ目11、22、33以外は一桁になるまで足し続けます。

16は二桁になったので1+6=7になります。


16+16=32

3+2=5


32+32=64

6+4=10

1+0=1

これをずっと繰り返していくと 1・2・4・8・7・5が永遠に繰り返し出てきますが、


3・6・9は一切出てきません。


まるで3・6・9が仲間外れにされているようです。


では逆に、宇宙の数字と言われている3・6・9を見ていきましょう。


3+3=6

6+6=12


ここで二桁になりましたので、カバラ数秘術同様、一桁に直します。

1+2=3

12+12=24


ここで二桁になりましたのでカバラ数秘術同様、一桁になりまで足します。

2+4=6となります。


では二桁になってしまった24を見ると

24+24=48


一桁になるまで足し続けると

4+8=12

1+2=3


48の場合を見ると

48+48=96

9+6=15

1+5=6


気づきましたか?


3と6が繰り返し出てきます。


でも9が出てきませんね?


では9の数字を見てみましょう。


9+9=18


二桁になりましたので、カバラ数秘術同様、一桁になるまで足します。

1+8=9

18+18=36

3+6=9


36+36=72

7+2=9


72+72=144